今はやりたいことしかみつからない

大学内で開催されていた就職説明会で、大学OBで船井総研の社員が話をする機会があり、そこではじめてこの会社のことを知りました。 コンサルティング会社というと、頭脳派集団、という印象があったのですが、船井総研は違いましたね。「アグレッシブに働く人には活躍できるチャンスがある会社」というのがそのとき受けた強烈な印象です。 就職活動を始めた時は、みんなと同じように同じような会社を受けていて、何か物足りなさを感じていた私には、船井総研は特異な存在に写りました。 実際に船井総研に入社した当時は上司・先輩たちにあまり役立てず、力不足を感じてもいましたが、今は「これで日本一になりたい」「業界にインパクトを与えられるような存在になりたい」と明確な目標を見出し、それに向けて仕事を楽しめています。 「何をしようか」と迷っていた当時が不思議なくらい、今はやりたいことしか思いつかない感じですね(笑)

強みを引き出すコンサルティング

現在は弁護士や税理士、会計士など、士業事務所向けコンサルティングを担当しています。Webマーケティングをコアメソッドとした新規クライアント獲得による業績アップ支援を得意としており、事務所の先生によって異なる得意分野がある中で、強みを引き出し、どうプロデュースしていくかを心掛けてコンサルティングを行っています。

信頼できる仲間との仕事

誠実に仕事に向き合い、お客様にはとことん親身に接し、上司や先輩からの信頼を勝ち取れば、希望するプロジェクトへのアサインややりたい仕事の実現など、チャンスが拡がっています。 社内は家族のような雰囲気。若手社員のコンサルティング依頼が決まったときは、チームみんなで喜んだり、たとえ自分のクライアントでなくても業績アップのために必死になって取り組んだりしています。仕事柄、仲間と共有する時間は多くなります。だからこそ、コミュニケーションが働く上ではとても大事なことだと思っています。

船井総研のコンサルタントの魅力

みんなとにかく前向き、そして明るい! 様々な会社をコンサルティングを通して見ていますが、ここまでというのは、当社が一番。むしろ、そうでないとコンサルティングを依頼する企業もお願いしないと思います。 船井総研はスペシャリストの集合体ですが、会社としてのブランドの力はやはり大きいですね。個人では絶対に会えないような方に会えたり、大手グローバル企業から講演を依頼されたり、個人としての力量が問われるコンサルタントであっても、船井総研に属しているからこそ得られるメリットは大きいと感じています。

関連キーワード
インタビューの関連記事
  • 先輩社員インタビュー(船井総合研究所・村田 泰子さん・佐賀北高校)
  • 先輩社員インタビュー(船井総合研究所・大嶽 広展さん・佐賀南高校)
  • 先輩社員インタビュー(船井総合研究所・砂川 大茂さん・佐賀東高校)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
就職サポート
はじめに そう思っているのではないでしょうか? しかし、高校生活も確実に終わりに近づいているのです。 今回は、高校卒業前にしておくべきことを...
就職サポート
まずはじめに 今回は、についてご説明します。 部活動に入っている方は、先生や目上の方から礼儀・マナーを厳しく指導されている方もいらっしゃるか...
就職サポート
まずはじめに 皆さんは”求人票”という言葉を聞いたことがありますか? 求人票は「職業安定法によって定められた労働条件を明示した書類」というよ...
就職サポート
まずはじめに・・・ この記事は採用面接に臨もうとしている、または臨む予定の高校生の皆さん向けに書いています。 皆さんは面接と聞くとどのような...